提携情報の利用について

帝国データバンクの情報

Sansanのサービスでは一部帝国データバンクの情報を利用しています。
Sansanのサービスを利用することによって、ユーザーは以下の規約に同意したことになります。

利用規約

Sansanユーザは、帝国データバンク提供の企業概要情報(以下「TDBデータ」といいます。)の利用にあたり、次に定める承認事項及び遵守事項を承認又は遵守するものとします。

≪承認事項≫
(1)TDBデータ又はその編集・加工・複製物及びこれに含まれるデータについての著作権その他一切の知的財産権が株式会社帝国データバンク(以下「TDB」といいます。)に留保されていること。

(2)TDBは、TDBデータの正確性、完全性又は特定の目的についての適合性について保証するものではなく、また、TDBデータの使用によりSansanユーザ又は第三者に損害が生じたときも、損害賠償その他の一切の責任を負わないこと。

(3)Sansanユーザが本サービスを利用した場合、Sansan株式会社はSansanユーザの勤務先企業名・所属部署名・検索ログ等のSansanユーザに関する情報(個人名は含まない。)をTDBに提供することができ、TDBは、承認遵守事項の遵守状況の管理及びTDBデータの使用状況の管理を目的として、Sansan株式会社から提供を受けた情報を利用することができること。

≪遵守事項≫
(1)Sansanユーザは、TDBデータを内部利用(同一法人内の役員・従業員による利用を指す)以外のために使用してはならない。

(2)Sansanユーザは、TDBデータについて、その全部であると一部であるとを問わず、次の行為をしてはならない。
①第三者(Sansanユーザが法人である場合、子会社、関連会社も第三者に含まれる。以下本項において同じ)に開示、漏洩し、又は使用させること。
②第三者に提供(有償、無償を問わない)する商品、サービスのために使用すること(TDBデータに依拠して作成した企業の格付その他信用に関わる情報を第三者に提供することを含む)。
③公序良俗に反する目的のために使用すること。
④TDBデータを第三者に譲渡すること。
⑤TDBデータの入手元に関する情報を第三者に開示すること。
⑥TDBデータの使用権を第三者に譲渡しもしくは移転し、又は第三者の権利の目的とすること。

以上

ダイヤモンド企業情報編集社の情報

Sansanのサービスでは一部ダイヤモンド企業情報編集社の情報を利用しています。
Sansanのサービスを利用することによって、ユーザーは以下の使用権許諾書に同意したことになります。

「ダイヤモンド D-VISION データファイル」使用権許諾書

株式会社ダイヤモンド企業情報編集社(以下「ダイヤモンド企業情報編集社」という)は、「ダイヤモンド D-VISION データファイル」(以下単に「データファイル」という)を使用する者(以下「使用者」という)に対し、データファイルの日本国内における非独占的使用権を、下記条項を遵守して頂くことを条件に許諾致します。

【著作権】
使用者は、データファイルが著作権法に規定するデータベースの著作物であることを確認し、同時にデータファイルおよびデータの著作権が、使用権許諾を受けた後といえどもダイヤモンド企業情報編集社に帰属することを確認します。また、データファイルに収録されている「帝国データバンク企業コード」については、株式会社帝国データバンクに帰属することを確認します。

【使用範囲】
1. 使用者は、使用者自身の業務に利用するためにのみ、データファイルに収録されたデータを機械により読取り、加工、編集し、成果物(以下「編集物」という)を作成し、利用することができます(以下当該過程によって生じた成果物を「編集物」といいます)。
2. 使用者は、データファイルの利用または編集物の作成、利用を第三者(使用者以外の法人、団体等及び使用者と雇用契約を結んでいる社員以外の人をいう。以下同じ)に委託しようとするときは、事前にダイヤモンド企業情報編集社の書面による承諾を得なければなりません。なお、使用者は当該第三者が本書上の使用者の義務と同一の義務を負うことを承知させ、かつ当該第三者の行為について一切の責任を負うものとします。
3. 使用者は、データファイルの取得元を法令に基づく場合を除き第三者に開示してはならないものとします。

【禁止事項】
使用者はデータファイルの使用にあたり、次に掲げる行為を行ってはならないものとします。使用者が次の禁止事項に違反した場合、ダイヤモンド企業情報編集社は、当該使用者によるデータファイルの使用を停止し、当該使用者が取得した情報の削除を求め、または当該使用者による以後のデータファイルの使用を禁止することができるものとします。
1. データファイルを改変または改ざんする行為
2. データファイルに関する技術上の秘密を漏洩する行為
3. データファイルまたはその編集物の全部または一部を複製し、または第三者に譲渡、転貸、使用権許諾、頒布する行為
4. データファイルまたはその編集物の全部または一部を、有償無償にかかわらず、データベース提供サービスとして自ら、または第三者を介して使用者以外の需要に供する行為
5. スクレイピング、クローリング(クローラ、ロボット又はスパイダー等のプログラム)及びその他の類似の手段によってデータファイルにアクセスし、またはデータファイルに関する情報を取得する行為
6. データファイルに関するセキュリティの無効化を試み、又は無効化する行為
7. データファイルを特定の法人、団体等又は個人から著しい苦情を受ける態様で利用しているとダイヤモンド企業情報編集社が判断した行為
8. 法令、その他当局の規則又は通達によって禁じられた行為、あるいは公序良俗に反する行為

【保証・責任】
1. ダイヤモンド企業情報編集社は、データファイルに関し、提供時における販売資料、カタログ等に表示された仕様に合致していることを確認した上で、使用者にご提供致しますが、データベースの性格上、データファイルの正確性または完全性について保証するものではありません。
2. ダイヤモンド企業情報編集社は、使用者がこの使用権許諾条件に違反した場合、直ちにこの使用権許諾を解除し、データファイルおよびデータの使用を終了させることができます。その場合、使用者は自己の費用負担により、すべてのデータファイルおよびデータを速やかにダイヤモンド企業情報編集社に返還しなければなりません。また、データや編集物におけるデータを消去することとします。
3. 使用者は、自らの判断と責任においてデータファイルを使用するものとし、ダイヤモンド企業情報編集社及びSansan株式会社は、使用者によるデータファイルの使用及びその結果について一切の責任を負わないものとし、使用者がデータファイルを使用したことにより第三者に損害が生じたときも、対価の減額、損害賠償その他の一切の責任を負わないものとします。

【その他】
データファイルの使用及びこの使用権許諾に関して生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。